• 196月

    ジャンクコーナーでアイ・オー・データ機器のMac用TVチューナー
    ユニット「GV-1394TV/M」を見つけたので、ゲットしてきました。

    ジャンクとはいっても、IEEE1394ケーブルや取説がないものの、
    動作は問題ありません。
    ただ、この製品の付属ソフトではIntel Macでの動作がおかしくて、
    チャンネルのプリセットなどで、ソフトが落ちまくります。(^^;

    一応、「Bear’s Hand」というフリーソフトでも試聴や再生ができますが、
    録画予約などが少し不便です。

    で、ソフトウェアの機能を最新の「GV-1394TV/M3」と同等にする
    アップグレードキット「MacでTV&iPod」が出てたので、これを
    ダウンロード購入しました。

    これで、ほぼ最新のものと同レベルになったんだから、かなり
    お得だったかと。


    Mac対応 FireWire接続 ハードウェアDVエンコーダ搭載
    TVチューナーBOX [GV-1394TV/M3]

    まぁ、今さら地上波アナログ!?という感もありますが、Macでテレビが
    楽しめるのは、とっても良い感じです。

    Windows PCともアンテナ線を二分配したので、同時に2ch録画も
    できて、便利になると思います。
    そもそもWIndowsのほうは、スリープがうまくいかなくて予約録画が
    難しかったので、そちらの面でも助かりそうです。

    ただ、HDDの容量は食いそうですから、外付けHDDがあると良い
    かもしれませんね。
    そこまで投資したら、ジャンクの意味がなくなってきちゃいますが。(笑)

    I-O DATA機器 USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 320GB HDCN-U320 I-O DATA機器 USB 2.0/1.1対応 外付型ハードディスク 320GB HDCN-U320

    by G-Tools

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2008/06/19 8:45 pm | 6 Comments

6 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。

    DV形式で録画すると容量をガンガン喰いますね。QuickTimeムービー
    だとちょっとましになります。
    ヒートシンクの下にあるパーツはかなり発熱するので、ヒートシンク
    の密着具合を確認された方が良いかもしれません。

    前面パネルの音声・映像・S映像入力端子付近のコンデンサを付け替える
    と、映像のコントラストが増して音にはメリハリが出てきます。
    ま、それは兎も角、外付けチューナーを繋いで重宝に使っています。

    これで録画したムービーは、MPEG StreamClipでpixel数を調整し、
    更にデインターレースを掛けると見易い画になりますよ。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    MP4で撮ってみましたが、途中で音声と映像が
    ずれてしまってました。
    リアルタイムエンコードだと、あまり重いコーデックは
    使わないほうが良さそうですね。

    最適なコーデックを探そうと思ってるところですが、
    何かオススメはありますでしょうか?

    今のところ、発熱はそれほどでもないようです。
    下がアンプですから、まぁ大丈夫かなぁと。

    前面パネルは今のところ、使っていませんが、
    VHSをムービーにするのは便利そうですね。

    DV形式で録画しておいて、MPEG StreamClipを
    使うのも良さそうですね。
    良いソフトの紹介、ありがとうございます。
    早速、今度試してみようと思います。

  • shigechan Says:

    今晩は。コメントバックが遅くなってしまいました。

    私はいつもDV形式で録画だけして、MPEG4/H.264への変換をMPEG-
    StreamClipでやるようにしています。音声はAACです。
    二度手間になりますが、これでうまく動作していますよ。あ、内蔵の
    チューナーは一切使っておりません。前面の外部入力端子だけです。
    F型コネクターは、75Ωの抵抗を繋ぐか完全に短絡させるかの対処
    を施す予定にしています(^^)

    PowerMateのようなコントローラーを使うと、色々と編集がやり易い
    ですよ。

    画と音がずれた事は幸い無いので、その原因は判りません。

    ioDATA製のBS/地上デジタルチューナーの映像・音声出力を繋いで
    使います。最初はチューナーの出力へTVを接続して、チューナーを
    だませば本機へ問題なく信号を取り込む事が可能です。もちろんHD
    信号ではありませんけど。
    これで640×380pixel、1.5Mbps、音声~256kbps位にすると意外に
    見応え・聴き応えのある画になります。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    DV形式なら、Mac本体への負荷はほとんどないですものね。
    私もこの方法で行こうかと思います。

    PowerMate、以前持っていたんですが、あまり使わないので
    手放してしまいました。
    確かにこういう場面では便利そうですね。

    地上デジタルチューナーを繋げば、「延命」も
    できるんですね。
    ただ、予約録画が難しいのではないですか?

    ともあれ、Macでテレビを見るのは、何故かPCよりも
    楽しいです。
    画面が大きいからかもしれません。

  • shigechan Says:

    どもども。

    画質の点でもDV形式がお奨めかと。QuickTimeムービー(Motion-JPEG)
    では、画質がだいぶ低下するように感じました。

    ジョグ&シャトル系の機材はフレーム単位での指定がやりやすいので、
    無いと編集が大変ですよね。

    拙宅では延命どころか音楽番組の録画で大活躍です。予約は出来ません。
    完全手動です(^^)
    あと気をつけるのは、なるべく断片化の少ないHDへ記録すること
    位でしょうか。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    やはりDV形式ですよね。
    タイムシフト的に「観るだけ」の番組も結構多いので、
    とりあえずQuickTimeも色々試してみて、ここぞ!という
    時にはDV形式で録画しようと思います。

    フレーム編集、結構面倒ですよねぇ。
    その昔、VHSやβの時代にはジョグ&シャトル付きの
    機種ばかり使ってました。
    三菱のHV-V3000やNationalのNV-1000HDなどでした。
    懐かしいものです。

    HDDは録画専用のを1台用意しました。
    その代わり、TimeMachineは中止です。(笑)