• 143月

    突如発表されたGoogleリーダーのサービス終了ですが、早速、代替方法を検討してみることにしました。

    まずはほぼ同様なクラウド系のサービスですが、有力候補はやはり「livedoor Reader」でしょうか。
    ただ、これまでもRSSサービスは終了したものも多いですし、クラウドばかりに頼るのもちょっとイヤだなぁと。
    私の場合は「はてなアンテナ」や「いぬリンク」で事足りる部分も結構ありますし。

    そうなると従来型のアプリケーションということになりますが、MacだとNetNewsWireが定番で私も以前から使っています。
    Googleリーダーとの連携機能もありますから、それで一括して購読情報を持ってこれるのも良いですね。
    なお、Googleリーダーにはエクスポート機能もあるので、ここからダウンロードしたファイル群から「subscriptions.xml」をインポートしてもOKです。

    もう一つ、Viennaも新しいベータ版が登場していて、開発が積極的なアプリケーションです。
    ベータ版だからというわけでもないでしょうが、既読にするボタンがないのが残念ですけど、TwitterやFacebook、Evernoteとの連携機能も用意されています。

    iPadについては有料のものがどうしても多くなってしまいますが、あえて無料の中から選んでみたのが「Blogshelf II」Blogshelf II - gdiplusです。
    iBooksみたいなデザインが特徴的で、情報収集ツールというよりもブログを楽しく読むツールとして良いかも。
    グループ機能がないのであまり多くのブログを購読すると分かりづらくなりますけどね。

    設定方法がこれまたちょっと特殊なんですが、どこの画面でも右上のクエスチョンマークをタッチすると分かりやすい指示が表示されます。
    また、RSSで配信される要約だけでなく、記事タイトルをクリックすればSafariのリーダー機能のように文章のみを読みやすくCleanに表示してくれたりと、読むことに特化した仕掛けもしっかり用意されています。

    もちろん、Googleリーダーからのインポート機能もあって、Mac以上に面倒な移行作業も楽かと。
    検索機能もあって、ブログのタイトルやURL、ジャンルなどから購読したいブログを見つけるのも容易になっています。

    ただ、クラウド系にはそれぞれの端末で購読や未読を一括管理できるメリットもありますからねぇ。
    他の代替サービスの登場やたくさんのGoogleリーダー系のRSSリーダーアプリの今後の展開にも期待したいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2013/03/14 7:00 pm | Googleリーダー、代替検討 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.