• 0310月

    もう少し様子見しようかと思っていたんですが、最近、仕事関係はWindows機で間に合ってるので、私のMac mini(Mid 2011)からEl Capitanにアップグレードしてみました。

    うちの遅い回線でダウンロードに1時間半くらい、インストールに2時間くらいかかりました。
    特にトラブルもなく、ゆえに書くこともほとんどないかも。
    あえて言えば、なぜか初回起動時に私は全く使っていない「メール」アプリが起動した状態になっていたことくらいでしょうか。

    動作はやっぱりちょっともっさりした気がしますが、キャッシュの効き方が変わったのか、一度使ったアプリケーションは終了して再度起動した際にも高速に起動するようになった気がします。

    また拙作のフリーソフト、MuteConとMBBInfは問題なく動作しています。
    なぜかMBBInfや他の市販アプリの一部は起動確認のダイアログが最初に出たので、相変わらずOS Xの物忘れ傾向は残ってるようです。

    また、いちばん気になっていたAudirvana Plusですが、Direct Mode、Integer Modeともに問題なく動作してくれました。
    Adobe系もMicrosoftのアプリも問題ないですが、サードパーティのソフトは起動時にまず真っ黒なウィンドウ(?)が表示されて、あとから中身が出てくるものが多々見受けられます。
    この辺りはアプリケーションの初期動作の作法が変わったからなのでしょうか。

    いずれにしてもMid 2011ではMetal for Macが使えなかったりと、フルに機能が使えない部分もありますが、マウスを振って大きく表示させたり、メニューバーを隠す設定にしたり、壁紙を変えてみたりして、新しいOSの雰囲気を楽しんでいるところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2015/10/03 12:00 pm | El Capitanをインストール はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.