• 275月

    MacもPCもメインのWebブラウザはすっかりGoogle Chromeにしてしまったのですが、このところ、新しいタブを開くときやアドレスバーで検索しようとすると、Chromeが無反応になってしまうという現象が。

    原因はイマイチわからないのですが、Beta版を使っていたということもあって、しばらくStable版に戻してみることにしました。
    本来はいったんアンインストールしてから再度インストールという手順なのですが、ちょっと面倒なんですよねぇ。
    そこで、アプリケーションだけをゴミ箱に入れ、その後、Stable版をダウンロードしてインストールしてみるというのを試してみました。

    しかし、起動してみると「バージョンが新しいGoogle Chromeのプロフィールは使用できません。」というアラートが表示されてしまいます。
    そのアラートを閉じれば、その後は問題なく動作しているようですが、このままではなんとなくイヤですよね。
    そこで調べてみると、「~/ライブラリ/Application Support/Google/Chrome/Default」フォルダにある「Web Data」というファイルを削除すると、このアラートが消えるという情報を発見。
    実際やってみると、あっさりアラートが消えてくれました。

    使っていたBetaは12.0.742.60、今回入れたStableは11.0.696.71ですが、今のところ、無反応になる症状は出なくなったようです。
    ただ、Betaが問題だったのか、それとも再インストール(中途半端だけど)が良かったのかはわからないんですけどね。
    普通にStableを使えば良いのでしょうが、そのStableでも問題が出る場合もないとはいえませんし、もう少し簡単にバージョンが戻せると良いのですけどねぇ。
    なお、直近のバージョンに戻す方法は以前の記事(Windows向けだけど)をご参照くださいませ。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2011/05/27 9:00 am | ChromeをBetaからStableに戻す方法 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.