• 204月

    Apple純正のRAW現像ワークフローソフト「Aperture」が、1.5.3にアップデート
    しているようです。

    基本的に信頼性とパフォーマンス改善が中心のようで、サムネール生成やフルスクリーン
    モードへの切り替えなどが改善されているそうです。

    1.5になって、かなり高速になっていますから、Lightroomとも十分互角に戦える
    ソフトだと思います。
    個人的には直感的に操作しやすいApertureのほうが好きですね。

    ちなみに、RAWがらみで、「Raw Photo Processor」というフリーソフトも発見。
    UIなどは質素なもののようですが、対応フォーマットは多いようですから、画質も含めて
    一度試して確認してみようかと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2007/04/20 11:48 am | Aperture 1.5.3 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.