• 1212月

    AppleのRAW現像ソフト「Aperture」が1.5.2にアップデートしていたので、
    早速、更新してみました。

    それにしても、差分ファイルが異常にでっかいですねぇ。
    更新内容は「信頼性とパフォーマンス」だそうなのですが…。(^^;

    とりあえず、私がざっと使った程度では差が感じられませんでしたが、
    それは1.5以降、すでにレスポンスも向上していたから、ですね、きっと。

    画質のほうは、比較も兼ねて、フィルムスキャンしたOM-2Nの写真を
    パラメータで補正してみたものを載せてみますね。

    実画像サイズ 405 x 640 ( 78 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    だいぶ操作に慣れたのと、iMacのディスプレイのクセがわかってきたので、
    補正がしやすくなってきました。
    ちょっとiMacはディスプレイが明る過ぎて、コントラストは低めかなぁ。

    ちなみに、下はWindowsのPhotoshop CS2とCRTで調整したものです。

    実画像サイズ 405 x 640 ( 89 kB )
    Exif 情報
    全 Exif 情報表示…


    ご覧になるディスプレイやプラットフォームで、見た目も違うかもしれません。
    好みもあるでしょうしね。

    ただ、どちらも、とても細かい調整ができますし、Apertureは調整の
    手間が掛からず、直感的なのが良い気がします。

    関連エントリー:

    Filed under: Mac
    2006/12/12 7:58 pm | Aperture 1.5.2 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.