• 2910月

    USBメモリでセーブデータもバックアップしたことですし、ぼちぼちPS3を探せばよいなと思いつつ、普段あまり寄らないお店に行ってみるとジャンク品以下のお値段になっている80GBモデルを見つけたので、さすがにこれは買いでしょう、と購入してきました。

    PlayStation 3

    2008年10月発売のモデルですから以前のより古くなっちゃってますし、コントローラが付属しませんでしたが、コントローラはすでに2つ持ってるので問題ありません。
    問題は80GBという容量でして、ギリギリ問題ないレベルではあるものの、すでにゲーム本数が18本になってますし、せっかくだから換装をやってみようかと。

    PlayStation 3

    1TBでもお値段に大差はありませんでしたが、録画などに使うことは考えていないので、TOSHIBAの500GBにしてみました。
    換装自体は封印シールを剥がす必要はなく、メーカーにもちゃんとQAが用意されているくらいなので、簡単だろうと高を括っていました。

    メーカーサイトからパソコンでシステムアップデータをダウンロードし、これをUSBメモリに入れて、あとは指示に従うだけ、のはずなのですが、なぜか「予期せぬエラー」が。

    試しに手持ちの16GBのmicroSDカードリーダーを挿してやってみると無事に成功しました。
    FAT32にはなってるはずなんですが、あまり大容量のUSBメモリだとうまくいかない(ことがある?)ようです。

    PlayStation 3

    そんなところでつまずきましたが、あとはソフトウェアの再インストールをぼちぼちやっていけば、ほぼ同じ環境が復元されます。
    一部トロフィーなどはPSN経由でしか同期できないですが、幸いなことに以前のPS3もかろうじて起動できる状況ですから、ここも大きな問題にはなりませんでした。

    そんなわけで最新モデルの新品にするはずが、中途半端に古いモデルになってしまいました。
    おまけに最初に買った個体と、換装したHDDのコストも含めて考えたら、最初から新品を買っておけば良かったとも言えますけど、まぁお勉強代かなと。
    最初の個体は思う存分、分解もできますし、時間のある時に電源部を調べてみようかなと思ってるところです。
    あと、今度の個体こそは問題なく動作を続けてほしいものです…。

    関連エントリー:

    Filed under: Game
    2015/10/29 12:00 pm | PS3、新調してHDD換装 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.