• 3110月

    宝チューハイ壜詰宝チューハイ壜詰」という
    チューハイを売ってたので、買ってきました。

    普段はあまりチューハイは飲まないんですが、
    これは瓶入りで、栓抜きがオマケで付いてた
    ので、つい惹かれたんですよね。

    チューハイは、昭和20年代に東京の下町で
    「焼酎ハイボール」として生まれたのだそうで、
    これはそれを再現したお味なのだそうです。

    飲んでみると、とっても素直な味で、果実と焼酎の素直なミックス感が
    なかなか良い感じでした。

    あと、これは他のお酒でも良くあることですけど、瓶と缶では味が違って
    感じるんですよね。
    私は、大体いつも瓶のほうが口当たりが滑らかで好きです。

    最近の安いチューハイの中では、ちょっとお値段が高めですが、
    栓抜きが付いてたら、まぁお買い得感があるかと思うので、飲んでみられては
    いかがでしょうか?

    昭和20年の下町の味「元祖酎ハイボール」の味わい!!タカラ チューハイ壜詰 グレープフルーツ
    昭和20年の下町の味「元祖酎ハイボール」の味わい!!
    タカラ チューハイ壜詰 グレープフルーツ

    関連エントリー:

      関連エントリーはありません。

    Filed under: Food
    2005/10/31 12:26 am | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • ほよよ@九州 Says:

    ラベルにも味がありますね~。
    それに、ホント、瓶のほうがおいしそう!(いや実際ウマイ)

    牛乳系(フルーツ味、コーヒー味含む)にしても
    ぐびっと飲むビンの味わいは紙やカンには出せません。
    仕事してた頃、関東方面に出張行った際は
    駅のホームでビン牛乳系を飲むのが密かな楽しみ
    でした(おっさんかい!あ、確かにオヤジ系だった(笑))。

    やや脱線してしまいましたが、ついでにもう一つ。
    以前MacBSさんが紹介なさったこどもびいる、ついに
    大分の生協の宅配カタログにまで登場しました。
    瓶の雰囲気につられ、何本か注文するつもりです。

  • MacBS Says:

    ほよよさん、コメントありがとうございます。

    瓶のほうがおいしいですし、本来は環境にもやさしいはずなんですよね。
    缶や牛乳パックのリサイクルに力を入れるくらいなら、瓶を有料で引き取ってくれたほうが良いのに、って思います。

    それにしてもホームでビン牛乳とは。
    なんとも、ほよよさんらしいです。(笑)

    こどもびいる、大人でも楽しめそうですし、良いかもですね。
    ぜひ感想をブログにエントリーしてくださいませ。