• 176月

    マミヤの645用MFレンズ「SEKOR 150mm F3.5」がカビカビだったので
    分解してカビ除去しました。

    実画像サイズ 433 x 640 ( 66 kB )
    Exif 情報
    モデル名 DSLR-A700
    ISO 感度 / 露出補正値 1600 / 0.0
    露出時間/絞り 1/25 秒 / F 2.8
    露出補正値 0.0
    焦点距離 (35mm 換算) 50.0 mm (75 mm)
    全 Exif 情報表示…


    他のレンズより分解は簡単で、後玉はカニ目を、前玉は飾りリングを
    印鑑敷きゴムで外して、やっぱりカニ目でした。
    どちらもあまりきつすぎず、楽な力で外れるから助かります。

    カビ取りは「HCL LENSクリーナー」を使いました。


    【堀内カラー】レンズクリーナー

    これがレンズクリーニングには定番なんですが、意外とカビ落としには
    普通のメガネクリーナーのほうが効き目が強かったり。(笑)

    まぁ、レンズのコーティングのためには、オリンパスEEクリーナー使用の
    HCLのほうがオススメですけどね。

    レンズは645判で使うと、35mm換算で約100mmくらい。
    なかなか使いやすい焦点距離ですが、最短撮影距離が1.5mと
    ちと長いのが欠点かな。

    あと、今のフィルムスキャナでは中判が読めないので、135ホルダで
    35mmフィルムを入れて使おうかなぁと思っています。

    後継のNタイプではありませんが、カビが取れて、結構な値打ちものに
    なってくれて、うれしい限りです。


    《中古良上品》Mamiya C 150mm F3.5N

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/06/17 10:29 pm | MAMIYA SEKOR 150mm F3.5 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.