• 1510月

    枻出版社の銀塩カメラ系ムック「CAMERA magazine」の最新刊、No.18が本日発売になったようで。

    銀塩の厳しい時代に出し続けてくれるのはホントにうれしいところです。
    今回の特集は「気軽に使うレンジファインダーの名機」とのこと。
    レンジファインダーといえば、やはりライカが代表格ですが、以前、M6は使ったことがありますし、contaxが試してみたいかなぁ。
    キエフは持ってるので操作感は似たようなものでしょうけれど。
    あと、Nikon S2も以前は持っていたのですけど、Nikon SPを一度使ってみたいと思ったまま、未だに触る機会もないままです。

    今回の本の目次の中に「押せば写るカメラじゃ、人間の魂の奥は引き出せない」という文章がありますが、そういう意味でもこの時代のレンジファインダーは魅力的なんですよね。
    以前も書いたように、写真を撮るのはカメラではなく人なわけですが、性能とは別の部分で心の引き出しを開けてくれるカメラって、やっぱりあるような気もします。

    他にも「私の愛用フィルム」や「ハッセルブラッドが欲しい!」など、新しいネタのない銀塩の中で色んな提案をしてくれています。
    ちなみに私の愛用フィルムというと、普段はやっぱり格安なフジの業務用フィルムですね。
    好みという点ではアクロス100が好きかな。
    昔はKodakのエクター25をバカの一つ覚えで使っていたこともありましたが、今考えると使いづらかったなぁ。

    ハッセルブラッドはだいぶ前にプリズムファインダーをゲットしたまま、本体やレンズは未だに出物に出会わないままです。
    ボディやマガジンはずいぶん安くなりましたけど、レンズはまだまだ高いですね。
    ブローニーはもう本格的にフィルム供給が厳しくなりそうな予感ですし、来年あたりがラストチャンスかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2012/10/15 7:00 pm | CAMERA magazine No.18 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.