• 086月

    先日ゲットした銀塩AF一眼レフ「α-7」を、今日から早速、試し撮り
    し始めました。

    最初の数枚は調子が良かったものの、シャッターを押した後に、
    なにやら背面の液晶に「エラー」の文字が。

    レンズが悪いのかなぁと、他のレンズに変えてみますが、
    症状はまるっきり変化無しです。

    他にも露出補正ダイヤルが0EVになってるのに、液晶表示は
    +3.0EVになってたり…。(^^;

    幸い、今回は保証付きでの購入でしたから、買ったお店に
    持って行きました。

    早速、修理に出してくれるとのことで、購入金額を考えると
    修理代を負担してもらうのは、ちょっぴりかわいそうですが、
    こればかりは仕方ないですねぇ。

    それにしても、こういう保証ありの製品でも、これまで6台くらい
    似たような故障がありました。
    わりと「保証有り」のものは、そんなに買わない派(=ジャンク派)の
    わりには、結構、不良率って高いものですねぇ。

    こういう故障への保証もあるから、下取り価格が安くなってしまう
    という面もあるのでしょう。
    ともあれ、早めに修理から帰ってきてほしいところです。


    《中古並品》MINOLTA α-7

    関連エントリー:

    Filed under: FilmPhoto
    2008/06/08 10:47 pm | α-7、入院 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.