• 243月

    PanasonicからBlu-rayプレーヤー「DMP-BD79」が4月末に発売予定だそうで。

    いい加減、我が家もBlu-ray対応させたいなぁという気持ちもありますが、この機種を取り上げたのはそちらよりもむしろネットワーク再生機能のほうに着目してのことです。
    DLNA/DMR機能で、24bit/192kHzのFLACやWAVなど、ハイレゾ音源再生に対応してるというのが凄いなぁと。
    オーディオメーカーからもネットワークプレーヤーは結構出ていますけど、価格的にも圧倒的に今回の機種は安いですからね。
    また、前面にUSB端子をあって、こちらにUSB HDDを繋げば、そこからFLAC等の再生も可能です。

    当たり前ですけど、当然ながら動画にも対応してるわけで、まさにメディアプレーヤーとして中心的ソースに据えられますね。
    光学メディアとしてはSACDこそ非対応ですけど、これはかなり良いかも。
    ちなみにBlu-ray 3Dについては未対応とのことです。

    唯一の問題点としては音声出力が光/同軸デジタルはもちろん、RCA出力も用意されていないところでしょうか。
    HDMIのみというのは「そういうニーズには上位モデルを」という差別化なのでしょうか。
    ただ、オーディオスプリッター機能のあるHDMIセレクタを使う手もあるので、これでデジタル音声なりアナログ音声なりを取り出して使えば、なんとかなるんじゃないかな。
    安いなりに性能や機能に弱い部分もあるかもしれませんが、かなり興味深いモデルなのは間違いありません。

    関連エントリー:

    Filed under: Electronics
    2013/03/24 12:00 pm | Panasonic DMP-BD79 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.