• 255月

    何度かお借りして、その素晴らしさを体験させてもらったOlasonicから新しいアンプ内蔵スピーカー「TW-D7OPT」が登場するそうで。

    これまで、USB入力のみの「TW-S7」、そしてウォークマンDock対応の「TW-D7WM(T)」と来て、今回は光デジタル入力とアナログ入力のモデルというわけです。
    入力からすると汎用なのですが、製品の位置づけとしてはテレビで使うことをメインターゲットにしているようです。
    たしかに最近の薄型テレビは音質がイマイチなものが多いですからねぇ。
    あの薄い筐体ではスピーカーに必要なエンクロージャーの容量も確保できないですから、仕方ない面もあるのですが、せっかくの大画面に釣り合わない音になってしまってるものが多いのはちょっと残念でした。

    そこにこの製品を投入して、音もグレードアップさせようというわけですね。
    むしろテレビを出しているメーカーから提案があっても良いはずなのですけどねぇ。

    大きさは基本的に「TW-D7WM(T)」と同じ感じで、おなじみの形のスピーカーユニットと薄型のアンプユニットで構成され、これもD7WMとそっくりな小さなリモコンも付属してます。
    テレビとの連動に関してはこのリモコンではなく、オートパワー機能で使うことになるようです。
    デジタルやアナログからの信号が途切れると、光デジタルで30秒、アナログで3分で自動的に電源が切れるんだとか。
    もちろん、音声が入ってくるとすぐに電源がオンになるようです。

    テレビ用に薦められてはいますが、オーディオ機器としても優秀なものだと思います。
    これまでのモデルになかったデジタル入力も付きましたし、お値段もD7WMよりは安いので、iPodとの組み合わせにも良いのではないでしょうか。

    関連エントリー:

    Filed under: Electronics
    2011/05/25 8:00 pm | Olasonic TW-D7OPT はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.