• 1610月

    デジカメでの撮影などに車で出かけてると、家庭用の100V電源が車でも
    使えたら便利なのに、と思うことが結構あります。
    #最近は、最初からコンセントが装備されてる車種もあるようですけど。

    特に旅行の時などは、ケータイやデジカメバッテリー、iPodなど、充電したい
    ものが結構ありますし。

    以前、実家にいた頃は良くマイクロバスでキャンプに出かけてたので、車に
    液晶テレビとかゲーム機などを積んで行ってたんです。
    どうやって電源を確保していたかというと、ポータブル電源と呼ばれるもの。

    National ポータブル電源ERV713【税込】
    National ポータブル電源ERV713【税込】

    当時は上のNational製品の、もうちょっと容量の大きいものがあったんですが、
    今はどうも廃番になってるみたいです。
    それだと、出かける前に家で充電しておくと、液晶テレビで3,4時間くらいは
    観られました。

    メーカーと容量にこだわらなければ、かなり安いものがあるようです。

    ポータブル電源 アクティブパワー SG-1000
    ポータブル電源 アクティブパワー SG-1000

    ただし、これだとあらかじめ家で充電しておく必要があります。
    もちろん、車のDC12V電源をAC100Vにする機器も売られてます。
    「DC-ACインバーター」という製品です。

    ★便利グッズ★CELLSTAR(セルスター) HP-140/12V
    ★便利グッズ★CELLSTAR(セルスター) HP-140/12V

    ただ、このタイプだと車のバッテリーを使用しますから、エンジンを切ってる場合などは
    バッテリー上がりに注意する必要があるんですよね。

    あと、書かれてる最大出力は結構ありますが、電源スイッチをONにする瞬間に
    消費される「起動電力」というのは、電気機器の説明書とかに書かれている
    「定格消費電力」の5倍くらいあったりしますので、それに収まってないと動作が
    おかしくなったり、使えなかったりするんです。

    ですから、できるだけ余裕を持って、大きめのものを用意しておいたほうが
    良いんですよね。

    DC-ACインバーター 瞬間300W 定格135W DC12V→AC100Vへ変換 YH-0001
    DC-ACインバーター 瞬間300W 定格135W DC12V→AC100Vへ変換 YH-0001

    さらに、出来上がったAC電源はお世辞にもあまり安定したものではないので、
    パソコンとかゲーム機などの電子機器は、対応を謳ってる高級なインバータ
    以外では、使わないほうが良いです。

    あと、一部の大型車両などでは、車のDC電源が12Vでなく、24Vのものも
    ありますので、その点も注意が必要です。

    とまぁ、結構面倒ではあるんですが、AC100Vが使えるのは、やっぱり便利
    ですから、欲しいと思った方は検討されてみるとよろしいかと。

    関連エントリー:

    Filed under: Electronics
    2005/10/16 11:24 pm | 車でAC電源 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.