• 228月

    抱きしめる、という会話。」というCM。
    公共広告機構がやってるので、
    ご存知の方も多いかと。

    今日は、これを実感しました…。

    このところ、散歩になると必ず落ち着きがなくなって、
    「反抗期か?」と思っていたジョブ。
    新しいドッグハウスでも、おとなしくしてるし、
    ケージでは、ちゃんと「お座り」や「待て」もできるんですけどね~。

    散歩しては叱られることが続いて、
    今晩は雨のせいも手伝ってか、とうとう散歩拒否に。

    叱ってはみたものの、どうも何か理解してあげられていない気がして、
    犬について、あらためて色々と勉強してみたり…。

    すると、ひとつ気になることが。

    留守から帰宅したりした時に、室内のケージで、
    良く、後ろ足で立ち上がって、前足をケージの上や、
    私の腕のほうにかけてくることが良くあったんです。
    場合によっては、そのまま軽くジャンプすることも。

    これって、実は「だっこをおねだり」してたんですね。
    譲渡会でジョブに決めたのも、私が一度だっこした後、
    再度「だっこのおねだり」にやって来たから…。

    「抱きしめる」という、誰にでもできる愛情行為を
    ジョブも望んでいたんですね。
    ごめんね。分かってあげられなくて…。

    改めて、「抱きしめる、という会話。」という
    CMの意味を再認識した今日なのでした。

    関連エントリー:

    Filed under: Dog
    2004/08/22 11:02 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • ふーみん Says:

    こんにちわ!
    すごくわかります。ただうちは家族以外に飛びつく行為(抱っこをねだる)には厳しくしつけてます。万が一怪我でもさせたらいけないから。
      千尋をもらってきた時、1ヶ月半くらいだったので、兄弟と過ごしてない分咬み加減がわからなかったみたいで。今思えば恥ずかしいですけど、私も噛み付き返してました(笑)今は「痛い」という言葉を聞いたら、ぬいぐるみ等をくわえて歯があたらないようにしてきますよ!抱っこするには15kgは重すぎて無理なので。
      ところでお風呂のブルブルなんですけど、「ブルブルしていいよ」というまでは我慢してくれてますよ!避難しないと大変な目に会いますから(笑)「あるある。。」で紹介されてましたが、濡れタオルを背中にかけてあげてたらブルブルしなくなるとか。。千尋でも大丈夫だったので、ジョブにも試してみてはどうですか?

  • MacBS Says:

    ふーみんさん、こんばんは。

    うちでも飛びついた時は、一度、「お座り」をさせるようにはしてます。
    犬は軽く飛びついたつもりでも、大きくなったら危ないですものね。

    甘噛みは、最近はほとんどしなくなりました。
    最初のうち、かなり厳しく叱ったからでしょうか。
    何にせよ、今が一番、覚える時期ですからね。
    厳しい時は、しっかり厳しくやってみてます。

    それにしても、15kgの抱っこはちょっと無理ですね。
    うちのジョブは、今どのくらいなんだろう?
    今度、測ってみなくっちゃ。

    「ブルブル」は、一応「待て」をかけてはいるんですが、
    やっぱりついついやっちゃうみたいですね。
    濡れタオルを背中にかける作戦は、今度試してみますね。
    ありがとうございます。