• 1010月

    長年、我が家のメイン一眼レフの座を務めてくれていたSONYのデジタル一眼レフ「α700」ですが、ちょっとしたミスで液晶を割ってしまいました。

    img_3148

    じゅうたんの上に置いてあったのを持って立ち上がったんですが、その時、脚にストラップが引っかかっていて、床に落ちてしまいました。
    その時は問題なく撮影もできて一瞬気づかなかったんですが、画面確認に覗き込んで、あらまビックリと。

    購入したのが2008年ですから、8年強活躍してくれましたし、最近ではミラーボックスの部品が取れたり、ダイヤルが接触不良をたびたび起こしたり、2つあるバッテリーもすっかりヘタリ気味でしたから、そろそろ限界ではありました。
    最近の1年3ヶ月でも7500枚撮ってますから、これまでだと通算6〜8万枚くらい撮影したのかな。

    まだ撮影自体は問題なくできますが、後継機も早速検討に入りました。
    一応、Nikon D300があるんですけどね。
    候補としては当然ながらAマウントボディが最有力になりますが、α99IIはまだ発売になってないから(ホントは高いから)パスです。

    以前、α37を仮の後継機にしてみた経験上、どうもEVFは馴染めないかなと思いつつ、α7IIにマウントアダプタというのもかなり考えました。
    ただNEX-5も結局あんまり使ってないですし、メイン機はまだもうちょっと光学ファインダで頑張ろうかなと。
    そうなると有力なのはα900でして、お値段も以前からするとかなり下がってます。
    しかしα700の中古を見つけて、横から「コレ、安い」とツッコミが…。

    とはいえ、さすがに同じものでは面白くない寿命が似たようなものですし、それはα900も同様です。
    そこからひとまず最近の各社ラインナップのお勉強に立ち戻って調べた結果、とある機種を選定しました。
    そちらは届いてからのご報告ということにしますが、α700も可能なら液晶だけ調達して自己修理できればなぁと気長に出物を待ってみることにします。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2016/10/10 12:00 pm | SONY α700、液晶割れる はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.