• 246月

    リコーから広角対応の高級志向デジカメ「GX100」の後継モデル
    GX200」が7/4に発売されるそうで。
    http://dc.watch.impress.co.jp/cda/compact/2008/06/24/8724.html

    広角24mm相当からは変わらず、CCDは少し大きくなって、1210万画素に
    なっています。
    CCDが大きくなって画角が変わらないってことは、レンズは新設計
    なのかな?

    VF KITが8万円前後、ボディのみが6万円台だそうで、相変わらず強気な
    価格設定です。
    逆にGX100は、ずいぶん実勢価格が下がってるようで、意外とこちらも
    狙い目かも。

    RICOH デジタルカメラ GX100 ボディ GX100BODY RICOH デジタルカメラ GX100 ボディ GX100BODY


    Amazonで詳しく見る
    by G-Tools

    で、GX200のほうは映像エンジンに「スムースイメージングエンジンIII」を
    採用して、ノイズ低減を図ったそうです。
    ただ、画素数が増えてるのもあってか、最低感度はISO64に下がって
    います。

    なにぶん、あの後、シグマがDP1を出したので、やはりCCDのサイズは
    もう少し大きくして欲しいところかも。
    できればフォーサーズ、せめて2/3型くらいで、この広角なら、値段が
    10万円近くても欲しくなるかもしれません。

    ほかでは、正方形モードのRAW記録に対応したり、RAWでブラケット
    撮影ができるようになったりと、細かく改善されては、いるみたいです。

    まぁ、私はCaplio GX8で、まだ頑張ろうかなぁ。
    ただ、借りられるなら、試してみたい気もする機種ではあります。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2008/06/24 10:09 pm | RICOH GX200 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.