• 3010月

    SONYのミラーレス一眼「NEX-6」がようやく国内発表されたようで。

    今回同時発表された「NEX-5R」とともにもうだいぶ前に海外発表されていた記憶があるんですけどね。
    国内での発売は11/16だそうで、お値段はすでに予約が始まってるお店を見るとボディ単体で8万円代前半、ズームレンズキットで9万円台後半のようです。
    なお、NEX-5Rはボディ単体が7万円前後、レンズキットで8万円代前半のようですから、同じ予算内で選ぶならばレンズを取るか、EVFを取るか、といったところでしょうか。

    両機種とも撮像素子は有効約1610万画素で、位相差AF、無線LANが搭載されています。
    機能をアプリ単位で追加したりもできるようで、面白い試みではあります。
    両者の違いはさきほども書いたようにEVFの有無かと。
    マウントアダプタを使う私としてはEVFがあったほうがうれしいかな。

    また今回、標準ズームレンズも新調されていて、「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」というパワーズーム搭載のものになっています。
    長さが半分くらいになっていますが、使用時は伸びるのかな?
    パワーズーム搭載は動画で有効そうで、ズーミングは鏡胴のリングでも操作できるとのことです。

    これ以外にも広角ズームの「E 10-18mm F4 OSS」や明るい単焦点「E 35mm F1.8 OSS」など、ようやくレンズラインナップも揃ってきました。
    ミノルタが好きな私としてはロッコール色が薄まったレンズ群な気がするのがちょっと残念ではありますが、ぼちぼちマウントアダプタだけでなく純正レンズも使ってみようかなという気になってきたところです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2012/10/30 7:00 pm | NEX-6、国内発表 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.