• 1112月

    Panasonicのマイクロフォーサーズ機「DMC-GF2」が東京の家電量販店に並んでいたので、ちらっとだけ触ってきました。

    GF1を持っている状態で触ったわけですが、大きさは思ったほど小さいとは感じませんでした。
    もちろん、コンパクトにはなっていますが、コンデジの感覚とはやっぱり違いますからね。

    それは「大きい」という意味ではなく、ほどよい持ちやすさを備えたカメラという印象です。
    特にレンズ交換式でそこそここだわった撮影スタイルを取ることを考えると、なかなか使い勝手の良い大きさだと感じました。
    GF1だとちょっと厚さがボテッとしてる感じがありますからね。
    もちろん、そのあたりはグリップのデザインなどでも変わってくるのでしょうが、持ち心地もGF2は良い感じでした。

    あと、機能面ではタッチスクリーンがやはり便利ですね。
    AFレンズではタッチでAFしたりできますし、シャッターを切ることも可能です。
    ついつい中央一点AFのままカメラをパンしちゃったりする手抜きな私には、かえってこのほうがピントを外さないくらいなんじゃないかと思ってしまいます。

    また、サイズ縮小の影響もあってボタンが少なくなってるということでしたが、上記のタッチスクリーンが有効に機能しているので、それほど気になる感じはありませんでした。
    またボタンの質感もGF1よりむしろ向上しているくらいで、着実な改良機といって良いのではないかと。

    撮像素子の進化がイマイチだったりという気になるところもありますが、マイクロフォーサーズのレンズラインナップも揃ってきたことですし、GF1ユーザー(といってもまだ日が浅すぎますが)としてもオススメできる印象でした。
    あとはお値段がどのあたりで落ち着くのかも気になるところですけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2010/12/11 9:00 am | DMC-GF2を触ってきました はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.