• 103月

    AdobeのRAW現像ワークフローソフト「Lightroom CC」が2015.9(単体版で言うと6.9)にアップデートしています。
    同時にCamera RAWも9.9になり、対応機種も以下のカメラ、それにレンズプロファイルも色々と追加されています。

    Canon PowerShot G9 X Mark II
    Casio EX-ZR3200
    Fujifilm GFX 50S
    Fujifilm X100F
    Fujifilm X-A10
    Fujifilm X-T20
    Leica M10
    Olympus E-M1 Mark II
    Panasonic DC-FZ80
    Panasonic DC-GF9
    Panasonic DC-GH5
    Panasonic DMC-TZ82
    Phase One IQ3 100MP(S圧縮モードは非対応)

    また、問題の修正も以下のようなものがなされているようです。

    ・Apple iPhone 6から撮影および読み込まれたビデオで、撮影時間が現地時間ではなくGMTとして表示される問題を修正しました。
    ・ポイントトーンカーブを処理する際のカーソルの不安定な動きを修正しました。
    ・2つの表示の使用時に画像を削除した後、現像モジュールがロックされる問題を解決されました。
    ・現在選択されている写真を削除せずに、以前表示した写真から顔のタグが削除されます。
    ・現像モジュールで除外した写真を削除した後に画像を変更することができません。
    ・書き出しのパフォーマンス低下の問題を修正しました。
    ・Windows 10上で稼働しているLightroomで、スライドショーをビデオとして書き出して、同時に特定のタスクを実行しているときに、スライドショーが応答しないまたはクラッシュするという問題を解決しました。
    ・マップモジュールでGoogleアイコンをクリックすると機能が無効になります。
    ・一旦設定すると、添付されたカタログで自動読み込み設定にアクセスできません。
    ・現像ビューに移動した場合、スマートプレビューを使用して編集すると、2倍にズームされます。

    書き出しのパフォーマンス低下というのは体感してませんが、気分的には良いですね。
    5K iMacだと起動時にクラッシュすることが稀にあるんですけど、それに関するような記載は見受けられないようです。
    そもそもLightroom 6ベースが続いていてなかなか新しくならないですが、対抗馬があまりないのも関係してるんでしょうかねぇ。
    個人的にはPhotoshop CCとシームレスに行き来できるか、あるいはゴミ消し系など一部機能は同等になるとうれしいんですが…。
    また写真のチョイスもやや手間取るので、ビューアとしての機能も強化してくれれば嬉しいかな。
    バージョン番号からすると、さすがにそろそろ…と期待してしまいますが、地道に改善してくれているだけでもありがたいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2017/03/10 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

重要! スパム対策のため、下の計算の答えを書いてね。

8 たす 2 は?
Please leave these two fields as-is: