• 245月

    いつもユニークな製品を出してくれる上海問屋からデジカメなどの充電池をどれでも自由に充電できるユニバーサル充電器「DN-BCMP819K1-B3」が出ているようで。

    ジャンクのカメラをゲットしてきたりすると充電器が付いてないことのほうが多いので、私はデジタルマルチファンクションというのをずっと愛用しています。
    これはバッテリーの形状に合わせたアダプタを装着して充電するわけですが、実際には端子をプラス・マイナスだけつなげれば充電できちゃうんですよね。

    そこで、このユニバーサル充電器はバッテリーの形状に合わせて接点の位置を自由に調整することで充電する仕掛けになっています。
    これまでもUSBタイプで同様のものはありましたが、これはACでも使えますし、デジタル一眼などで多く採用されている7.2Vのバッテリーにも対応してるんですよね。
    また、充電状況を%表示する液晶画面まで付いていて、純正の充電器より高度なくらいです。

    ただし、あくまでも接点の位置を自分で合わせ、自分でプラス・マイナスを間違えずに装着する必要がありますから、誰にでも薦められるものではないかと。
    そのあたりをちゃんと理解できる方であれば、予備の充電器どころか、万能の充電器として、とても役立つ一台だと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2011/05/24 8:00 pm | 4 Comments

4 Responses

WP_Lime_Slice
  • とめ Says:

    この充電器は、良い感じですね。
    おいらも早速注文してしまいました。

  • straysheep Says:

    汎用で使える充電器は良いですね。
    汎用品では無いですが、ドコモの「ecoソーラーパネル01」は結構便利です。iPhoneの充電は出来ないかもしれない(未検証の為)ですが、ソフバンのガラケーのほとんどは対応可能。変換アダプターを使えばキャリアを問わずにほとんどのスマホ(microUSB)に対応します。自己責任になりますけど、変換アダプター自作でUSBポートから充電できる充電器で充電池の充電にも使えます(エネループで検証済み)

  • MacBS Says:

    とめさん、コメントありがとうございます。

    中古だと充電器が付属しないことが結構ありますものね。
    7.2Vにも対応してるのがかなり良い感じです。

  • MacBS Says:

    straysheepさん、コメントありがとうございます。

    ソーラーパネルで充電できるのは危機管理ツールとしても有用そうですね。
    地震の当日、羽田空港に足止めされましたが、その時はMacBook Airを電源としてiPhoneを充電して過ごしました。