• 2211月

    このブログでも写真掲載に利用しているフォト蔵ですが、12/20からサービス仕様を変更するんだそうで。

    使用変更内容は以下のとおりです。

    ・3年間ご利用のない会員のデータを削除します
    ・写真の保存サイズ(寸法)を、最大長辺2048pxに変更します
    ・ファイルサイズの制限を、1枚あたり最大15MBに拡張します
    ・オプションサービス「フォト蔵プラス」の提供を開始します(有料オプション)

    要は元サイズのままでのアップロードは有料オプションでしか出来なくなるというわけです。
    月単位のアップロード容量制限こそあったものの、これまでが実質無料だったのですから無理もないですね。
    ただ、長編で2048pixelということになるとおよそ300万画素くらいになってしまいます。
    ちょっとしたブログ掲載用ならそれでも良いのですけど、みんぽすさんのカメラのレビュー記事などでは厳しいかな。

    有料の「フォト蔵プラス」の利用も候補ではありますが、レンタルサーバのディスク容量も余裕がありますから、そのときだけそっちにアップロードすれば良いでしょう。
    WordPress純正のアップローダーだと使い勝手がイマイチなので、良さそうなプラグインを探すか、自前のPHPをこしらえたいところですが。
    なお、これまでにアップした写真もどうやら順次縮小変換されていくみたいです。
    容量が多かったから保存アルバム的に使っていた方には、これはちょっと困る「仕様変更」ですよねぇ。
    実質的にデータが一部欠落するわけで、今後のアップロード分に限ったほうが賢明だったのではという気もしますが、せめてバックアップ用ツールは提供したほうが良いかと…。

    ちなみにうちのブログ上の画像表示は自前サーバーにキャッシュするようにしてあって、画像貼り付けコードもJavaScriptで生成してるので他の画像共有サービスに引っ越しも可能な作りですし、フォト蔵さんに負荷をかけない配慮はしてあります。
    その仕掛けではフォト蔵APIを使ってるんですけど、さきほどのバックアップツールが提供されなかったら自作しようかな。

    「フォト蔵プラス」は月額500円/税別だそうです、無料版に比べて以下の機能追加がされるそうです。

    標準1GB/月までのアップロード容量が、5GB/月に拡張されます。
    長辺最大2048pxまでの写真保存サイズの制限がなくなります。
    (ファイルサイズは1枚あたり最大15MBです)
    PC、スマートフォン共に、広告が非表示になります。

    これなら写真への集客力という点で、正直Flickrのほうが良さそうな気も…。
    あくまで無料に拘るなら、PicasaやSkyDriveとかでも良いわけですし。
    今後はかなり厳しいような印象もありますが、個人的にはもうしばらく様子見してみようと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: DigitalPhoto
    2013/11/22 7:00 pm | フォト蔵、サービス仕様変更 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.