• 2310月

    三浦しをんさんの小説「月魚」を、先日、読み終えました。

    4043736029 月魚
    三浦 しをん
    角川書店 2004-05

    by G-Tools

    この本、2話+αで構成されていますが、そのどれもが古書店「無窮堂」が
    舞台になっています。

    若い当主の真志喜とその友人で同業者の瀬名垣という、二人の男の
    過去の「しがらみ」に起因するストーリーが、なんとも三浦さんらしい
    登場人物設定だなぁと思いました。

    特に古本への愛情表現などが、三浦さん自身の本好きが高じての
    ものだろうなぁと思えて、なんとなく微笑ましくも感じました。

    後半のサイド・ストーリーは、ちょっと「おまけ」的な要素が強いかなぁと
    いう感じです。
    長さからいっても、最初の一話を満喫するのがオススメかと。
    本好き、さらに古本やさん好きなら、とても楽しめる一冊だと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Book
    2006/10/23 7:44 pm | 月魚 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.