• 127月

    先日、紹介した「少年カメラクラブの時間」と同時発売になった
    エイ文庫の「時を超えるカメラ」をご紹介。

    4777903664 時を超えるカメラ
    松本 賢
    エイ出版社 2005-07-08

    by G-Tools

    このカメラもある意味、「少年カメラ」といっても良い「オリンパス PEN-FT」を主人公に
    した一冊になっています。
    今でも愛用されている方は結構いらっしゃるのではないかと。

    ご存じない方のために少しだけ補足しておきますと、1960年代に流行した
    ハーフサイズのカメラです。
    ハーフサイズというのは名前の通り、普通のカメラの半分の面積で撮影するもので、
    使用するフィルムは普通の35mmフィルムですが、24枚撮りフィルムで48枚、
    36枚撮りフィルムで72枚撮影できる、というカメラです。

    とはいえ、レンズ交換式の一眼レフという本格派で、マニアの心を掴んでやまない
    カメラではないかと。

    ちなみに、7/19~24には筆者による、「時を越えるカメラ」展も開催されるとのこと。
    場所は、青山の「ギャラリー スペースキッズ」というところだそうです。
    この本で興味を持たれた方は、行かれてみると良いかも。

    関連エントリー:

    Filed under: Book
    2005/07/12 10:46 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • rUi Says:

    こんばんは、Macbsさん。
    私は、エイ文庫のカメラシリーズが好きで、大体買って読んでます。
    新刊が出たんですね。
    近所の本屋に並ぶのはいつなのかなぁ。(笑)
    カメラのことは、まだまだ分からないことばかりですが、
    この先ずぅっとつきあっていこうと思います!

  • MacBS Says:

    rUiさん、コメントありがとうございます。

    エイ文庫、本屋さんによっては扱いが少ないことも結構ありますよね。
    うちの近所に最近できた某書店などは、一冊も置いてなくて、ちょっとがっかりでした。

    私も最近新しく出たものは大体買ってますが、
    古いものは書店にないので、古本屋で少しずつ見つけてきてます。
    これがまた稀少で、見つけたら即買いです。

    私はカメラについては下手の横好きですけど、
    とにかく楽しく撮るのが一番と、なるべくいっぱい撮るようにしてます。
    あと、最近は撮るだけでなく、印刷して飾るようになって、
    さらに楽しくなった気がします。