• 237月

    先日紹介した「LOVEカメラ」にも寄稿していた、こぐれひでこさんの
    「こぐれの家にようこそ」という本が気になってます。

    4150502978 こぐれの家にようこそ
    こぐれ ひでこ
    早川書房 2005-04-21

    by G-Tools

    作者さんの、十数回の引っ越し遍歴が綴られたエッセイです。
    子ども時代は農村、東京では風呂なしアパート、そして、パリではアパルトマン、
    ユニークな一戸建て建築体験などもあって、このところ引っ越しの多い我が家にも
    共感するところが多いかも。

    ちなみに、私は生まれた場所から数えると、大分で3軒、そのあと、福岡、滋賀、
    神奈川ですから、引っ越しは5回経験してますね。
    紗羅は、もっといっぱいしてるようですが。(^^;

    引っ越してみて感じるのは、ローカル・ルールを知って、それに馴染むまでが
    なかなか大変、ということ。
    不動産の敷金・礼金の違いから始まって、運転マナー、方言、近所付き合い、
    人間性などなど…。

    長く住んでたからかもしれないですけど、やっぱり私には大分が住みやすかった
    ですね。
    物価は安いし、それなりに都会的なものも揃ってるし、ちょっと走れば田舎だし。(笑)
    温泉がふんだんにある、というのも良い点です。

    なお、こぐれさんの本は7/20に「こぐれのごはんジャーナル」という本も
    文庫化されて発売されてるようですので、こちらも要チェックかと。

    4150503001 こぐれのごはんジャーナル
    こぐれ ひでこ
    早川書房 2005-07

    by G-Tools

    関連エントリー:

    Filed under: Book
    2005/07/23 5:40 pm | こぐれの家にようこそ はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.