• 214月

    メモリーテックが高音質CDとしてUltimate High Quality CD、略して「UHQCD」を発表(リンク先:PDF)したそうで。

    メモリーテックといっても正直あまり馴染みがないですが、CD製造メーカー大手で、三菱商事と東京電化の合弁で設立された会社だそうです。
    これまでも高音質CDとして液晶パネル用ポリカーボネートと反射率の高い合金を使った「HQCD」を展開してたようです。
    個人的にはあまり目にした記憶がなくて、むしろHDCDと紛らわしいなと思ってしまいますが。

    今回のUHQCDは、CDのビット記録を普通のスタンパによるインジェクション成形から、フォトポリマーを液体状でスタンパに浸透させておき、これを光硬化で固めることで正確なビットの凹凸を再現するようにしたんだとか。
    フォトポリマーの経年耐久性やベースのポリカーボネート部分との剥離の心配はないかな?という気もしますが、大手メーカーが確立したというのだからたぶん大丈夫なのでしょう。

    あとはタイトルの充実次第ですが、過去のHQCDのリリース具合を見ると古いタイトルの焼き直しが目立つ印象で…。
    ただ、ハイレゾがどうのこうのと言っても、まだCDの良さもあるわけですし、ぜひたくさんのタイトルが当たり前のように採用するようなものになってほしいところです。
    ちなみに似た技術ってアナログレコードにも応用できたりしないものですかね?
    それができるとUHQADみたいな高音質盤ができて人気が高まりそうな気もしますが、今さらアナログディスクに技術革命は入りづらいかなぁ。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/04/21 12:00 pm | UHQCD はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.