• 085月

    TOPPINGの新しいデジタルアンプ「TP22」が出たようで。
    すでに白箱では販売が開始されているみたいです。

    私も先日、TP21を購入したんですが、型番からいくと後継モデルという位置づけかな?
    TP22は増幅素子にTripathのTK2050を採用しています。(TP21はTA2021)
    TK2050ワンチップではなく、シグナルプロセッサのTC2000とアンプ部のTP2050の組み合わせだそうで、プロセッサの解析結果をアンプ部に渡す仕組みらしいです。
    分けることでノイズ源を遠ざけることができるのかもですね。
    なお、eMacや大福時代のiMacはトライパスのTA2024が採用されていたようですが、現在はMAXIMのチップを使用しているようです。

    出力はTP21の25W+25W(4Ω時。8Ωでは13W+13W)から30W+30W(4Ω時。8Ωでは25W+25W)となっています。
    インピーダンスに対するリニアさは減ってる気もしますが、8Ωで使うにはパワーアップということでしょうか。
    なお、電源電圧がTP21の14Vから20Vに上がっています。
    一般的に音質的には電圧が高いほうが良いわけですけど、12〜14Vで使えると車での活用も可能だし、ACアダプタも汎用で多く出回ってるので、そこはTP21のほうが扱いやすいかもです。

    あと、入力一系統だったTP21から進化し、インプットセレクタを装備しています。
    2系統の切り替えだけですが、たしかにあったほうが便利ですね。
    ただし、別立てのアンプでパワーが少なく、あまり役に立たなかったヘッドホン端子は廃止されています。
    あとは奥行きが3cm弱くらい深くなったくらいで、全体的なスタイルは大きくは変わっていません。

    価格もちょっと上がってるので、後継モデルと考えるよりも兄弟機みたいに捉えたほうが良いかな。
    個人的にはもうひとつ下のクラスのTP10-MARK4でも良いかなと思うくらいですからね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2011/05/08 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    ども、今日は。
    昨日は昼間からグーグー寝込んでしまい、あそこへは行きませんでした。
    ストリートビューで場所は確認しましたよ。

    このTOPPINGのアンプは信じられない位安いですよね。リンク先を見ましたが、
    ハンダのリフローを手作業でやってるんだ!と驚きました。パーツの詳細は
    不明ですけど、ちゃんとPbフリーハンダを使っている場合はパーツ交換が
    大変です。ハンダの融点が高い分、大きめのハンダごてを使って短時間に処理
    しないと部品が熱で壊れてしまいますので。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    連休中は部屋の模様替えやオーディオ改造などをやろうと思ってましたが、なんだかんだでバタバタして、結局あまりできませんでした。
    TOPPINGの安さはすごいですよね。
    ただ、それだけに半田不良や逆相だったりと、結構不良も多いらしいです。
    白箱などのお店経由なら、その不安もあまりないのですけどね。