• 029月

    季刊ステレオサウンドの通算200号が本日発売だそうで。

    50年というのは私よりも年上ですが、父親のオーディオ歴がちょうどそれくらいなので、小さい頃から初期の号を目にしていたような気がします。
    中身を実際に読み始めたのは10数年後くらいですけどね。

    さて、200号記念ということで、まずは特別付録SACD(ハイブリッド盤なのでCD層もちゃんとあります)が注目点かと。
    ハイライトの付録とはいえ、ラトル指揮のベルリン・フィルを収録できるあたり、さすがの貫禄です。
    なお、収録曲は以下のとおりとのことです。

    曲目アナウンス [ 00:12 ]
    シベリウス 交響曲第5番 op.82 [ 09:08 ]
    第3楽章 Allegro molto – Largamente assai
    曲目アナウンス [ 00:11 ]
    シューマン 交響曲第2番 op.61 [ 10:16 ]
    第3楽章 Adagio espressivo
    曲目アナウンス [ 00:09 ]
    ベートーヴェン 交響曲第4番 op.60 [ 11:35 ]
    第1楽章 Adagio – Allegro vivace
    曲目アナウンス [ 00:14 ]
    ベートーヴェン 交響曲第6番「田園」 op.68 [ 11:55 ]
    第2楽章 小川のほとりの情景:Andante molto mosso
    曲目アナウンス [ 00:09 ]
    10 ベートーヴェン 交響曲第7番 op.92 [ 08:17 ]
    第4楽章 Allegro con brio

    特集は「誌面を飾った名スピーカー200選」だそうで、懐かしいスピーカーがたくさんありそうですね。
    父親は今でもたまに古い号を読んでるようですが、すっかり記憶の彼方に消えてしまった製品も意外と多くて、なかなか厳しい世界だなと感じます。

    また、少し前の号から創刊50周年を記念した企画「Japan Brand 探究」も掲載されていて、今回はAccuphase、Audio Note、Eclips、ESOTERIC、Maratz、MELCO/DELA、TAD、そしてYAMAHAというラインナップです。
    海外の現地取材もMcIntoshを取り上げていたり、OCTAVE、MAGICOと、そうそうたるブランドで、200号にかける想いが伝わってきます。

    一方、この50年でステレオサウンド上で語り続けてこられた「オーディオ評論家」の方々もだいぶ様変わりしてきつつあるなと感じます。
    最近は個人がネットでレビューを書いたりもできる時代ですが、評論家さんのレビューによる「箔」みたいなものは今でもまだ結構あるのかなぁと。

    オーディオ機材はスペックや部品、回路構成だけでは決まらない部分もあって、そこを語り続けてきたのがメジャーなオーディオ誌だと思いますが、メーカーの訳の分からない「なんとか・なんとか回路」みたいな呼称が相変わらず目立つ中、もうちょっとハードウェアについても掘り下げるところにページを割く部分もあっても良いのかなと思います。
    そういうのを求める向きにはMJやラジオ技術を読めば良いのかもしれませんけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/09/02 12:00 pm | Stereo Sound No.200 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.