• 128月

    SONYから、SACD/CDプレーヤーの
    リファレンスモデルとして、「SCD-DR1」が発売されるそうで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040812/sony.htm

    お値段は、126万円です。
    SACDの場合、デジタル出力できない機種が多いんですが、
    この機種は、IEEE1394で、同社のデジタルアンプに
    デジタル出力できるのが、売りになりそうです。

    他には、「ベースユニット・リジッド・メカニズム」が
    売りみたいですけど、個人的にはあまり良い印象は…。
    素直にトップローディングにするなり、
    以前のリファレンス機「SCD-1」みたいに、
    ピックアップ固定式のほうが良いのではないかという気も。

    同様の手法なら、むしろ、ESOTERICの「X-01」の
    ほうが好きですね。
    こちらは、CDプレーヤ時代から実績のある「VRDS」で、
    トランスポートとしては、こちらのほうが安心感がありますし。
    ちなみにこちらは、1312500円でございます。

    ESOTERICは、梅田の阪神百貨店に展示してるようなので、
    大阪に行く時にでも見に行ってみようかなぁ…。(ぼそっ)

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2004/08/12 6:32 pm | SONY、SACDリファレンスモデル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.