• 197月

    C-200V導入時に弟からMusical FidelityのCDプレーヤー「E61」を借りました。

    th_DSC03019_LR6

    その際にAccuphase DP-75も試したのですが、これまでのMarantz CD-17Daとの違いにちょっと驚きを隠せませんでした。
    CD-17DaからDP-75のデジタル入力も使ってみましたけど、それでも印象は変わらないんですよねぇ。
    そこでMusical Fidelity E61も使ってみたら、さすがに情報量としてはDP-75までは届かないまでも、音楽性は高くてなかなか良い感じです。

    th_DSC03029_LR6

    CDトレイの調子があまり良くなかったので、開腹してみましたが、中身はこんな感じでなかなかのシンプルさなんですけど、どうして違ってくるのでしょうねぇ。
    さらにDP-75やE61をATOLLのDAC100に入れてみると、これが意外にもそれぞれの個性を活かしつつ、現代的な雰囲気になって悪くありません。

    そうなってくると、Marantz CD-17Daがウィークポイントということになるわけですが、それなりに定評のあるプレーヤーだと思うのですけどねぇ。
    見た目は良いですけど、内部で劣化が始まっているのでしょうか。

    th_DSC03035_LR6

    そんなわけで、しばらくMusical Fidelity E61を借りることになりました。
    9月までには返却予定なので、それまでに策を練る予定(すでに対策済み)ですから、そちらはまた後日報告したいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/07/19 12:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • shigechan Says:

    今晩は。なるほどスカスカですね。なんだか電源平滑用コンデンサが、ずいぶん小さい感じですけど、これでちゃんとしているのは凄いなぁ。

  • MacBS Says:

    shigechanさん、コメントありがとうございます。

    Musical Fidelityは創業者がクラリネット奏者ということもあってか、音楽性の高いものが多い印象です。
    ただ、逆に電気回路としてはアレ?という感じのものも多いんですけど、全体的なまとめ方がうまいのでしょうね。