• 083月

    エディオン秋葉原本店の在庫処分セールでなにかオーディオ製品がないかなぁと物色したのですが、MONITORのスピーカーケーブル「Cobra6S」が格安だったのでゲットして来ました。

    MONITORは現在のInakustikですが、現行だと「EX-6S」に近いものになるかと。
    0.07mmほどの細いOFC導体1575本にそれぞれ純銀コーティングしたもので、太さは6mmほどにもなります。
    お値段も現行のものだと1mで5000円もするわけですけど、今回のは店頭で使っていたものだそうで5m弱が2本で、端末はYラグも付いていました。

    それにしても6mmというのは太すぎでして、片方を半分に切って使ってみたんですけど、マイクロメガがどうもYラグも使えないっぽくて、短いケーブルを圧着端子で付けてようやくアンプに接続できました。
    こういう用途のためか、ケーブルターミネーターというのも出てるようですが、これも4mmくらいまでみたいですねぇ。
    ZONOTONEのビンテージ用ピン「LUGV-5.5」あたりなら大丈夫でしょうけど。
    なお、当初から付いていたYラグはそのままDALIの側で使っています。

    というわけで、なんとかつなげるようになって、高域側を今回のCobra 6Sに、低域はこれまでとおり、TIGLONのMS-12SPとしました。
    すると、高域が断然伸びてちょっとビックリです。
    ケーブルで音が変わるというのは体感上わかってるつもりですけど、ここまで変わったのは初めてかも。
    それに伴って低域も引き締まったものになってくれました。
    高いケーブルだから、というプラシーボもあるかもしれませんけど、それも含めて良い方向になってるから良いかなぁと。
    太さを除けば、しなやかで使いやすいケーブルですし、これはかなりのアタリでしたね。

    展示処分のほうは他にもケーブル類が多数ありましたし、高級モデルを中心に30%前後値引きされていました。
    Accuphaseとかがあれば良かったんですけど、さすがにその辺りはもう売れてしまってる感じでしたけどね。
    オーディオ売り場に関してはエディオンAKIBAには引き継がれないそうで残念ですが、3/20まで処分セールは続くようですから、お近くの方は立ち寄ってみると良いかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/03/08 12:00 pm | MONITOR Cobra 6S はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.