• 077月

    先日、コニシス研究所での取扱終了が発表されたMicromegaですが、それを受けてなのかよく分かりませんが、今さらになってAmazon自体が同社のUSB-DAC「MyDac」の取り扱いを始めているのを見つけました。

    これまでもAmazonで購入はできたんですが、マーケットプレイスの店舗からのみだったんですけど、今回のはAmazon本体が売ってるんですよね。
    そのおかげなのか、それとも処分価格で仕入れてきたのか、お値段もちょっとだけ安くなっています。
    元々がかなりバリュープライスになってる製品ですし、最近のモデルのようにDSDネイティブ対応などといった派手さこそありませんが、同軸や光デジタル入力もありますし、24bit/192kHzまで対応していますから、結構お買い得かも。
    なお、DDCにはXMOS、DACチップにはCS4351が使われています。

    私も現在の環境が揃う前なら欲しかったけど、ARCAM rDACとか、この手のモデルはどうも日本ではイマイチ人気薄ですね。
    ただ、残り台数もそう多くはないようですし、気になる方はチェックしてみると良いかと思います。
    国内で取り上げていたのは私くらいのものなので、レビューなどは海外サイトで眺めてきたほうが良いでしょうけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/07/07 12:00 pm | Micromega MyDacが処分価格? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.