• 1912月

    MeridianからUSB-DAC内蔵ヘッドフォンアンプ「PHA-1」が出るそうで。

    Meridianといえばコーヒーに入れるやつ英国の往年の銘ブランドとしてご存知のオーディオファンも多いかと。
    私もLINNばかりでは面白くないなと、ここのプリアンプやCDプレーヤーと組み合わせてみたいなと思っていたブランドです。

    最近はちょっと純粋なオーディオ機器から遠ざかってる印象でしたが、最近また色々とラインナップしてきているようですし、それが国内投入されるのは嬉しい限りです。
    調べてみると、2007年にブランドが売却されているようなので、中身がどこまで以前のままかは不明ですけれども…。

    PHA-1というソニーと被る型番が振られてますが、海外では「PRIME HEADPHONE AMPLIFIER」として売られています。
    国内の店頭予想価格は24万円前後だそうで、海外で1200ポンドで売られていることを考えると、なかなか良心的な価格設定かと。
    内容的には24bit/192kHzまでの対応という堅実さがイギリスっぽいですが、ヘッドフォンの定位をスピーカーの音場に近づけるASPが搭載されているのが特色です。
    e-onkyoが配信しているHPLをハードウェア側で実現してるわけで、やっぱり音源側じゃなくてこっち(もしくはソフトウェア)でやるべきことですよね。

    ロスレス音源のストリーミング配信用フォーマットも提案していたり、今のMeridianのチームはなかなか面白い取り組みをやってくれてるようです。
    海外では他にもCDプレーヤーやパワーアンプ、スピーカーなどがラインナップされていて、ぜひそういった製品も国内投入されてくれると嬉しいところです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/12/19 12:00 pm | Meridian PHA-1 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.