• 196月

    P-308の内蔵フォノイコライザーが一応復活したということで、久しぶりにMCカートリッジを復活させてみることにしました。

    th_DSC02671_LR6

    とは言っても、うちにあるのはほとんどがMMカートリッジで、MCカートリッジはaudio-technicaのTT30Eしかありません。
    針交換可能という変わったカートリッジですが、正直そんなに高級なものではありませんから、それほど期待していませんでした。

    しかし、その再生音はやはりMMカートリッジとはだいぶ異なり、上品な音です。
    低域は少しボリューム感が不足しているような気もしますが、実際の帯域はなかなかワイドレンジです。
    なにより耳障りが良く、歪みが減ったような印象があります。

    こうなってくるともっと他のMCカートリッジも試してみたくなりますが、P-308がいつまた不調になるか分からないですから、とりあえず今はやめておきます。
    一時期、P-308を貸した父親の感想では、Accuphaseと比べるとだいぶMCに弱い、ということだったので、やっぱりプリアンプを充実させたいなぁ、というのが今の感想です。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/06/19 12:00 pm | MCカートリッジを復活 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.