• 0111月

    「Macオーディオ」の本年度版ムック、「Macオーディオ 2014」が11/19に発売だそうで。

    一昨年から出ていて去年号はUSBケーブルが付録で付いてましたが、今年はDSD音源入りの「ハイレゾ聴き比べ音楽ファイルDVD」とのこと。
    どちらも他誌の後追い感は否めませんけど、まさにハイレゾ開花という雰囲気に合わせてきましたね。
    聴き比べというところもポイントで、ハイレゾ配信レーベル2社から16bit/44.1kHz、そしてハイレゾの24bit/96kHz、それに2.8MHzと5.6MHzのDSDファイルが入ってるそうです。
    これはハイレゾでどれくらい違いが出るかを試すには良い素材でしょう。
    USB-DACがなくても最近のMacは24bit/96kHz出力には対応していますし。

    ちなみにmoraでのハイレゾ配信も始まりましたし、e-onkyo musicも徐々に充実してきつつありますが、まだまだDSDは少ないですねぇ。
    PCMのハイレゾ音源もe-onkyoではアップサンプリング表記のものが目立ちますし、moraのほうはマスター音源に関する表記すらありません。
    CD黎明期前後だとマスター自体、44.1kHzがほとんどですし、最近でも24bit/48kHzというのが多いんじゃないかな。
    実際には24bitの恩恵のほうが大きいと思うので、下手に「偽装」したハイレゾよりそのまま出してくれたほうがありがたいですし、そもそもLossless配信なだけでもうれしいのですけどね。

    ちょっと脱線しましたが、誌面のほうは以下のような内容だとか。

    ■ Special Interview
    音のプロはみんなMacが大好き! アリス=紗良・オット/纐纈歩美
    ■ 特集:デスクトップオーディオ~オラソニックNANOコンポ、ティアック01シリーズ
    ■ 特集:ポータブルオーディオの楽しみ~ポータブル・アンプ・ガイド、iPhoneアプリ、ハイレゾプレーヤー
    ■ Macな視点で選ぶオーディオコンポガイド~スピーカー25機種、アンプ15機種他
    ■ ヘッドフォン特集~最新注目ヘッドフォン20機種ラインナップ
    ● MacとDSD特集~DSD対応DAC、NASで楽しむDSD 
    ● Bluetoothスピーカー特集~Bluetoothの基礎知識、Bluetoothヘッドフォン
    ● Mac周辺オーディオ・アクセサリー 他記事満載

    Mac縛りは付いてますけどDSD対応機器の情報収集にも役立ちそうです。
    ハードウェア部分はともかくOS Xはオーディオ部分が扱いやすいですし、Windowsをお使いの方もメディアサーバー的にMacを導入するための検討にも使える一冊かと思います。
    付録の具合からすると今年の号の2000円はちょっと高めな気もしますけどね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/11/01 7:00 pm | Macオーディオ 2014 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.