• 093月

    M2TECHからDSD対応のUSB-DAC「Evo DAC Two Plus!」など3モデルが4月上旬に発売されるそうで。

    主に取り上げる「Evo DAC Two Plus!」はクロック入力やI2S入力を持つもので、単体でもUSB接続で11.2MHzまでのDSD、そして384kHzのDXDなどに対応し、他にもさきほどのI2S(HDMIケーブルによるPS AUDIO方式)や同軸・光デジタルを装備しています。
    ただ電源は基本的にはUSBバスパワーで、外部電源にも対応するものの、ちょっとここは弱いかなと感じる点です。
    DACにはES9010K2M搭載だそうで、小電力用のチップだというのもその辺りが起因しているのでしょうか。
    お値段も10万円ほどしますし、Evo Twoと組み合わせるとUSB-DDC部分がダブるし、ここはDACだけに専念させても良かったのかなぁという気も。

    一方、このモデルからI2Sとクロック入力を省いた「Evo DAC Two」は7万円になって、内部回路は基本的にはほぼ同じらしいので、一般的に考えるとこちらをチョイスするのかな。
    なお、外部電源はこの「Evo DAC Two」でも使えるとのことです。

    たしかにクロックは大切ですけど、そこまでこだわるならやっぱりDDCも分けたくなるでしょう。
    そもそも「Evo Clock Two」が75,000円というのを考えると、ちょっとこの価格帯のDACにはバランスが悪いかも。
    もちろん、そこを考慮したとしても、I2Sで接続できてDDC経由でDSDを鳴らせるDACを出してくれたのは評価すべきだと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/03/09 7:00 pm | M2TECH Evo DAC Two Plus! はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.