• 2710月

    LUXMANからヘッドフォンアンプのフラグシップモデル「P-700u」が12月に発売されるそうで。

    これまではP-1uが最上位だったと思いますが、さらに倍近い価格のモデルを投入してきました。
    古くからオーディオをやってる身としてはヘッドホンアンプ単体で30万円近い価格というのはちょっとビックリする部分もあります。
    ただ、むしろヘッドフォンこそ違いが分かりやすいという部分もあるでしょうし、今の住宅環境を考えると正しい方向性なのかも。

    ヘッドフォンアンプとして考えると、今回の機種の最大のメリットはLECUAを搭載したことかと。
    LECUAは同社のプリメインアンプなどで採用されていますが、電子制御方式のアッテネーターで、小音量時の左右レベル差を少なくできたり、音質劣化が少ないのがメリットかと。
    それなりのヘッドフォンアンプでもギャングエラーとかが多いものも目立ちますし、ここにコストをしっかり掛けられるのは、さすがハイエンドモデルという感じです。

    もちろん、本体のアンプ部分にもODNF 3.0Aやバランス入力・出力に対応した4chのディスクリートのアンプが搭載されていて、豪勢な作りです。
    なお、アンバランス出力の際にも4chのアンプを無駄にせず、パラレル駆動でドライブ力のほうに性能を振るあたりは巧みな感じですね。

    ただ、私も一度はやろうとしてみたものの、やっぱりヘッドフォンではなくスピーカーでの再生が好きなんですよねぇ。
    どうせ買うあてがないというのもありますが、注目はすれど、この価格を出すならプリメインアンプに…となってしまいそうです。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/10/27 12:00 pm | LUXMAN P-700u はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.