• 204月

    LINNからスピーカー「AKUDORIK passive」が5/21に発売(リンク先:PDF)されるそうで。

    先日出た「EXAKT AKUDORIK」からEXAKT部分を取り除き、普通のスピーカーのようにパッシブ回路のクロスオーバーネットワークを搭載したものです。
    「EXAKT AKUDORIK」が230万円からすると、70万円とずいぶんお買い得になったように感じるのはきっと勘違いですよね。

    「EXAKT AKUDORIK」のスピーカー部は10.4kgなのに対して、今回の「AKUDORIK passive」は12.6kgなのでネットワーク部が結構大掛かりなように感じます。
    そうは言ってもネットワークだけで20万円はかからないはずですから、スピーカー本体部分が50万円とすると、4ch分のパワーアンプとEXAKTユニットが180万円という計算になります。
    オーディオ趣味としてはいろんな機材の組み合わせを楽しみたい気がしますから、個人的にはpassiveの発売には好意的です。
    ただLINNを使い始めたら結局、バイアンプ駆動やEXAKTも試したくなるんでしょうけどね。

    このスピーカーとは直接関係ありませんが、先日、弟がSPENDORを買ったらしく、今回のAKUDORIK passiveはそれとほぼ似たような大きさのようです。
    奥行きがやや大きめなのはLINNらしいバランスだなと思います。
    今の環境では現在のスピーカーを替えるつもりはありませんが、秋以降環境が変わったら事情も変わってくるかも。
    それなりに音量を出せる環境になったら、今回のAKUDORIK passiveはとても無理としてもLINNのスピーカーをもう一度試聴に行ってみたいなと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/04/20 7:00 pm | LINN AKUDORIK passive はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.