• 223月

    iBassoからUSB-DAC内蔵のポータブルヘッドフォンアンプ「D55」が4/26に発売されるそうで。

    USB入力とアナログ入力という構成からするとD5 Hjの後継みたいな位置づけかな。
    D5 HjはDACにAKM製を採用していましたが型番が分からずでしたけど、今回のD55はAKMのAK4480です。
    また、DDC側はXMOSだそうで、24bit/192kHz対応となったとのこと。
    XMOSはこれまで使った感じではかなり優秀という印象なので、USB-DACとしてはだいぶグレードアップしたといえるのではないかと。

    また、サイズはW51×H21×D92mm、120gでD5 Hjと比べれば奥行きが15mmほど大きくなり、重さも20g強、重くなっています。
    おそらくUSB-DAC部分の強化がそのままサイズに付加されたのでしょうから、ここを使ってこそというところでしょうか。
    iPadだとコネクションキットなどを経て使える可能性もありますけど、iPhoneだとそうもいかないですから、ポタアンとしてはUSB-DACに注力しすぎるのもどうかなぁとは思いますけど、今後を見据えての装備かも。

    ただ、電池持続時間も連続20時間(D5は約38時間)と短くなってるのはちょっとどうでしょうか。
    充電時間も4時間から3時間に短くなってるので、上記のUSB-DAC部分がバッテリーまでサイズダウンさせてしまったというところでしょうか。
    どうもポータブルヘッドフォンアンプ単独としては少し微妙な進化かもしれませんが、細かく見ればS/Nが向上しているなどの改良もされているようですし、USB-DACとしても試してみたい方には良い選択肢かもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/03/22 7:30 pm | iBasso D55 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.