• 0612月

    HiFiMANから新しいDAP「HM-650」が12/19発売予定だそうで。

    今回のモデルはHM-802と同じWolfsonのWM8740を2つ搭載していて、最大24bit/192kHzまで対応と、実質的にはコストダウンモデルという形のようです。
    昔はiPodとWalkman以外の選択肢といえばTeclastなど一部を除けばHiFiMANくらいしかなかったんですが、どんどんいろんなメーカーが出てきて巻き返したいというのもあるのでしょう。

    アンプカードを挿入することで性能向上を図れる仕様もそのままで、アンプカード無しで42,000円前後だそうですから、めちゃくちゃ安いとは言えないですけどね。
    ちなみにアンプカードは1~3万円程度だそうです。
    DSDネイティブ対応などの派手さはないですけど、アンプとセットで4万円くらいになればちょっと魅力的な候補になるかもしれませんね。
    残念ながら今の別売みたいな売り方だと、既存ユーザー以外には目に止まりづらいように感じます。

    ところで同じ代理店からはLotoo PAWGoldというモデルも発表になりました。
    製造元がNAGRAのODMをやっている、ということで「NAGRAの血統」といった謳い文句にしていますが、ODM/OEM先がそれをウリにするというのはちょっとどうなんでしょう?
    ナグラといえばレコーダーでは名を馳せた銘ブランドですし、今もDACやアンプなどで優秀なモデルを輩出していますが、ODMされてるのはどうやらポータブルレコーダーのようですし、本腰を入れているとは限らないでしょうからねぇ。
    そもそも自社ブランドで売るのであれば、しっかり自社のブランドポリシーをもって出していくべきではないかなと感じる次第です。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/12/06 7:00 pm | HiFiMAN HM-650 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.