• 304月

    先日ゲットしたゼンハイザーのヘッドフォン「HD598」はリケーブル可能でして、デフォルトでは標準ジャックの3mケーブルと3.5mmミニプラグへの変換プラグが付属しています。

    th_DSC05000_LR6

    オープンエアーで屋外で使うことはないとはいえ、標準ジャックはLINNのアンプと電子ピアノくらいしかありませんから、ポタアンで使う前提だとこの変換プラグ越しはちょっと強度面で不安がありますし、長さももうちょっと短くて良いかなと。
    音質面でも変換プラグは損でしょうし、そもそもリケーブルしてみたいですし。(笑)

    そこでいくつか出ているケーブルも調べたんですが、どうも決定打に欠けます。
    「コレに変えたら圧倒的に良くなりそう」という予感のするものに出会えなかったんですよね。
    それで悩んでいたら、なんと意外(本来は順当)な選択肢があるのに気づき、注文したのがコレです。

    th_DSC04958_LR6

    何の事はない純正の「HD5X8-CABLE」でして、これは2.5mm4極-3.5mm3極の1.2mとなっています。
    ちなみにAmazonや楽天では残念ながら取り扱いがないっぽいですが、ヨドバシ・ドット・コムなら売っています。
    音質的にはハッキリ言って特にめぼしい変化はありませんし、ややケーブルの表面のスベリが悪くて取り回しはまあまあですが、純正なりの安心感はあります。
    2.5mm4極なら自作も…と考えましたが、専用のは抜け防止のロック機構があるのでそこが再現不能なんですよね。
    ちなみにオーディオテクニカのATH-M50xも同じっぽいです。

    th_DSC05003_LR6

    ここら辺りはHD650だったら選択肢がたくさんあるんですけど、HD598は純正で使うのが良いということかもしれません。
    その代わりにミニ-ミニケーブルやDock-ミニケーブルを…とも思ってるんですが、これがまたなかなかズバリというのに出会えてないんです。
    結局、ALO audioかなとも思っていますが、もうちょっと悩んでみたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/04/30 12:00 pm | HD598のリケーブル はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.