• 045月

    HD598のバランスケーブルの端子をXLRメスにしてしまった前回の作成でしたが、手持ちにXLRオスのプラグはなかったので、ノイトリックの「NC3MXX-B」を注文しました。

    th_DSC01723_LR6

    作成自体はXLRプラグの半田付けのやり直しだけですが、正直メスのほうが作業性は良かったです。
    オスはピンに熱が伝わって逃げやすいですし、取り付け部の部品も小さいので難易度はハンダ付けがあまり得意でない私にはそこそこ大変でした。

    th_DSC01730_LR6

    それでもその他の候補に上がったXLRプラグよりはおそらくノイトリックが作業しやすい構造なのは間違いないかと。
    品質も当然ながら優秀なものですし、お値段もオーディオ専用のものに比べれば非常に廉価ですし、強度もしっかりしていますので、オススメです。

    th_DSC01740_LR6

    それにしてもルクセンブルクリヒテンシュタイン製というのにはちょっと驚きました。
    ノイトリックの会社がルクセンブルクリヒテンシュタインにあるのは知っていましたが、工場も自国内に持っているのですね。

    th_DSC01724_LR6

    ってなわけで、ようやくDigiFi No.22付録ヘッドホンアンプで使えるバランス接続ケーブルが仕上がりました。

    th_DSC01767_LR6

    次回はようやくバランス駆動でのレビューを書いてみたいと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/05/04 12:00 pm | HD598のバランスケーブルを再作成 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.