• 267月

    FOSTEXからStereo誌の付録2wayユニット向けのエンクロージャー「P2080-E」が8月下旬に発売予定だそうで。

    Stereo誌からもムックでエンクロージャーが出ていますが、あれは当然工作(といっても接着程度ですが)が必要ですし、本に収める関係でMDFもだいぶ薄めになっています。
    設計自体はそれも考慮した上でそれなりに良く鳴るようにできてるようですが、本家FOSTEXの箱も当然ながら完成度の面では良いものでしょう。
    お値段も1台あたり4,000円と、夏休みの工作に時間が割けなかった方をうまく狙ってる感じですね。

    エンクロージャーとしてはシンプルにツィーターが上の設計で、フロントバスレフもごく一般的な丸ポートですが、内部でキャビネットが分かれていてダブルバスレフ構成になった、なかなか凝ったものです。
    雑誌付録ユニットを結線してネジで付けるだけですし、ネットワークも雑誌付録のコンデンサーではなく、独自のクロスオーバー周波数5.5kHzのものが付属していて、音質面ではここがいちばんの違いになってきそうです。

    やや残念なのは背面のスピーカーターミナルがバネ式というところでしょうか。
    ターミナルだけでも高級なものなら4,000円では買えないくらいですから仕方ないのですけど、せめてYラグ対応だったらなぁとも思います。
    ムックのエンクロージャーもそうですけど、気になる方はコイズミ無線あたりで調達して自分で交換するのが良いかもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2014/07/26 7:00 pm | FOSTEX P2080-E はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.