• 047月

    LUXMANがFOCALの代理店を7/1から開始するそうで。

    私のようなジジくさいオーディオマニアにとっては印象はそれほど強くないブランドですが、最近さらに人気も高まってるようで、なかなか美味しいところを持っていったなぁという気もします。
    JMラボからFOCALに統一したのがいつ頃だったのかな?
    昔も結構、超弩級スピーカーを出していた記憶がうっすらありますが、カーオーディオのイメージも強かったからかな。
    Naimと手を組んで、ベリリウムツィーターを搭載し始めた頃からグッと人気が上がったように感じます。
    最近ではヘッドフォンのほうでも名声を高めていますね。

    代理店はこれまでロッキーインターナショナルだったわけですが、そこで販売されてきた製品のサポートも7/1付けでLUXMANがサポート窓口になるとのこと。
    LUXMANはすでにMissionを扱ってますが、これとの競合は価格帯も違うからあまりないと判断したのかな?
    ちなみに過去にはB&Wの輸入代理店をやっていたこともあり、スピーカーに関しては自社ではあまり積極的に出さない方向ですね。(たまに出したりしてますけど。)
    まぁB&Wを輸入してたのはブームを迎える前の1970年代ですし、その後、今井商事になって、Nakamichiが扱いだした頃から人気が高まったので、ラックスマンが火付け役ではなかったわけですけども。

    気になるのは製品ラインナップと価格ですけれども、7/1付けで移管されたわりには製品ページなどはまだ全く公開されていません。
    プレスリリースも簡素なもので、スピーカーの取り扱いは公式に発表されているものの、ヘッドフォンのほうは記事には扱うような書かれ方をしているところもありますが、未定と思っておいたほうが良いかも。
    ラインナップは9/29から開催の「2017東京インターナショナルオーディオショウ」で披露されるそうですけど、それってかなりのんびりしたペースですね…。
    まぁMissionの時もたしかそんな雰囲気だったですが、実際の製品取り扱いは店舗で先に始まってたように思うので大丈夫かな?

    あとは価格ですが、Missionの海外価格との比較から推測するに1.2掛けくらいになるのではないかと推測されます。
    まだ扱いが決まっていないのでアレですけど、みなさんが気になるであろうElearでいうと実売で14万くらいになるのではないかなぁと予想してみましたが、さてどうでしょうね。

    海外ブランドの代理店移行は昔から多いですけど、ここ最近もPro-Jectとか増えているような気がします。
    代理店が変わることで展開が良くなり知名度向上するケースも多いのは良いことですけど、将来的なサポートの心配も伴いますし、一度変わるところはその後も…というパターンが…。
    ARCAMみたいに扱うところがなくなってしまうようなケースもありますし、別にFOCALに限った話ではなく、決まったからには継続してやってもらえたら良いなと思います。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2017/07/04 12:00 pm | No Comments

Leave a Comment

Please note: Comment moderation is enabled and may delay your comment. There is no need to resubmit your comment.

重要! スパム対策のため、下の計算の答えを書いてね。

5 たす 5 は?
Please leave these two fields as-is: