• 228月

    ESOTERICからプリアンプ「C-03Xs」とパワーアンプ「S-03」が9/10に発売になるそうで。

    今回は私が個人的に気になるC-03Xsを取り上げてみることにします。
    エソテリックというと高級ブランドのイメージが強いのですが、海外勢が為替レートの関係で値上がったのと、ライバルメーカーのも結構高くなってきつつあるので、相対的に競争力が上がってきている印象があります。
    それでもプリが80万、パワーがが90万円もするわけですけどね。

    作りはいかにもエソテリックらしい、左右独立のデュアルモノでフルバランス構成の内容です。
    電源トランスから左右に分かれていて、もう電源ケーブルも別々にしたら良いんじゃないか(実際、昔そういう製品も何処かから出てた)と思うくらいです。
    ちなみにコントロール系も別トランスになっていて、全部で3つの電源トランスを積んでいて、まるでパワーアンプのようです。

    あと面白いのは入力・出力バッファ部にすごく力が入っていて、ライン系でもプリアンプはただのボリュームコントローラーではないんだ、という主張が感じられます。
    入力側はバランス対応でノイズの低減を図っていますし、出力バッファはお得意の「ESOTERIC-HCLD」なる回路が装備されていて、スルーレートが2000V/μsというハイスピード素子が使われているとか。
    さらにバッファ回路部には安定化電源としてEDLCアレイをchごとに合計で100,000μFという大容量で搭載してるとのこと。
    ある意味、正統派の攻め方なんですけども、そのやり方が尋常でない印象すら受けます。

    他にもボリュームはESOTERIC-QVCSという、L/RとHot/Coldをそれぞれに独立させたラダー抵抗切替型ボリュームを採用してありますし、そのボリュームカーブも5種類がプリセットされていたり、入力ごとにゲインを0.5dBステップで調整できたり、左右のバランスも同じく0.5dBステップ)で調整できるなど、やはりプリアンプここにあり、という主張が感じられます。

    惜しむらくはフォノイコライザーは別売りということで、そこはESOTERICだから仕方ないですよね。
    どうせなら同ブランドでレコードプレーヤーもVRDSみたいな仕組み(?)で作ってくれたら面白いかも、とか、勝手に考えてみたりします。

    いずれにせよ、お値段だけでなく、重量も28kgという超弩級プリアンプですが、保証期間の延長もありますし、音の好みが合えばなかなか良い選択肢になるのではないでしょうか。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/08/22 7:00 pm | ESOTERIC C-03Xs はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.