• 2111月

    ELECOMからコンポで音声をワイヤレスで受信するWiFiオーディオレシーバー「LDT-AVWAR800」が近日発売だそうで。

    AppleのAirMac Expressに搭載のAirPlayみたいな機能ですが、まさにそんな感じのようでMac/iOS/Androidからワイヤレス送信できるとのこと。
    なぜかWindowsが非対応ですが、MacはiTunesを使うらしいので中身はAirPlay搭載ではないのかな?
    AirPlayは内部的にApple Losslessで送信していますが、そうした部分の記載もなくて「非圧縮のWAVデータを始め、WMA、MP3、AACに対応」となっていて、この記載を見ると音声データそのままを送信しているようにも見えますけど、それはなさそうな気もしますけどねぇ。
    なお、Androidは専用アプリが用意されるそうなので、Windowsもできれば対応して欲しいところです。

    ワイヤレス送信には通常のWi-Fiを使用する方式なのはAirPlayと同様で、ルーター経由でもOKですし、ルータを通さずにダイレクトにアクセスして接続することもできるそうです。
    ただ当然ながらWi-Fiアクセスポイントとして接続する必要があるでしょうから、通常はルーター経由のほうが使い勝手は良いでしょうね。

    レシーバーからの出力はステレオミニのライン出力と角型の光デジタルが用意されています。
    本体が約50gと非常に軽量なのでスペース的に小さい端子のものになったのでしょう。
    AirMac Expressは240gですけど、エレコムのはACアダプタを使うようですから使い勝手はAirMacのほうが良いかも。
    お値段も1.6万円くらいのようで、AirMac Expressとの差別化がちょっと分かりづらいところです。
    AirMac Expressがまだ実現していないハイレゾ対応をしてくれたらウリになりそうなんですけどねぇ。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2013/11/21 7:00 pm | ELECOM LDT-AVWAR800 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.