• 186月

    Dynamic Motionから世界初の同軸2wayハイブリッドとなるイヤフォン「DM200H」が6/29に発売だそうで。

    マルチBAのイヤホンはたくさんありますが、これはBAユニットをダイナミックドライバと同軸上に配置する「Bulls Eye Driver」を採用しているそうで、ありそうでなかった発想の転換ですね。
    マルチBAの場合はチューブで束ねたりして調整していたりしますが、これなら自然と位相も整いやすいでしょうし、低域に強いダイナミックドライバと繊細な高域を得意としやすいBAユニットと、非常に理にかなっているように思います。

    気になるお値段は3万円前後くらいの店頭価格が予想されるそうで、新構造を採用していることと同社の既存製品を考えると、良いラインかと。
    周波数特性でいうと、5Hz-40kHzだそうですが、ハイレゾマークは付いてないようです。
    インピーダンスは24Ωですから、スマホ直挿しから対応できそうなのも良いポイントではないかと思います。

    ケーブルは販売元でもあるSAECとのコラボとなっていて、ケーブルの芯の部分にケブラー繊維を使ってあるそうで、聞くからに切れにくそうです。
    ただ、できればリケーブル対応だったらなぁとは思いますが、それは今後、上位モデルで展開されてくるかもしれませんね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2016/06/18 12:00 pm | Dynamic Motion DM200H はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.