• 1910月

    Accuphaseから、はじめてドライブまで自社開発したCDプレーヤー
    「DP-500」が発売されるそうで。
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20061018/accu.htm

    【新製品】 Accuphase DP-500 CDプレーヤー

    CDプレーヤーを発売しているメーカーでもドライブまで開発してるのは
    SONY、TEAC、Panasonic、PHILIPS(Marantz)くらいでしょうか。
    あと、KENWOODとYAMAHAはどうだったかなぁ?

    そんな中、ある程度有名なメーカーとはいえ、規模としては中小企業の
    Accuphaseが自社でドライブまで開発しちゃうのは、すごいことだと思います。
    ちなみに、これまでは確かほとんどSONY製のドライブを使っていたはずです。

    今回のドライブは、外部振動を受けにくく、共振しづらい低重心のメカに
    なってるとのこと。
    さらに、SACD用のドライブも開発中で、年末発売予定の上位モデル
    「DP-800」で採用する予定だそうです。

    小さい会社ではありますが、D/Aコンバータをディスクリート回路で組んだり、
    光ファイバーによるデジタル伝送規格を最初に発案したりと、相変わらず
    高い技術力を持った会社です。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2006/10/19 4:00 pm | 2 Comments

2 Responses

WP_Lime_Slice
  • とり Says:

    ピックアップはよそから供給されるからそんな対したことじゃないよ。ソニーが供給してくれないからやむなくというのが実情

  • MacBS Says:

    とり@千葉さん、コメントありがとうございます。

    ピックアップは光学系ですから、Accuphaseには
    技術がないでしょうね。
    どこから供給を受けるのでしょう?アルプス電気あたりでしょうか?

    個人的にはソニー製ドライブの敏捷さは良いと思ってましたが、
    音質面では、TEACなどがリードしていたので、
    フレームだけだとしても開発しようという意欲を買いたいと思います。