• 1110月

    上海問屋からUSB-DDC「DNSB-23788」と「DNSB-23787」が発売されたそうで。

    前者がUSBから同軸または光デジタルに、後者が同軸のみという内容になっていますが、どちらもDACという記述がありますが、アナログ出力はないので、DDCの間違いですね。
    ただ、むしろDDCのほうがアナログ回路がないので、音質をあまり気にせず導入できる(失礼)というメリットがあるかも。
    とはいえ、実際にはUSB-DDCでもずいぶん音の差があるというのを、今日体感したばかりなのですが、それはまた後日ということで。

    OSはWindowsはXP以降とMac OS Xに対応していて、どちらもドライバのインストールなしで使えるとのこと。
    バスパワーで動作するので、導入も気軽にできそうですね。
    なお、「DNSB-23788」のほうは24bit/96kHzまでの対応で、ASIOにも対応してるとのことで、対して「DNSB-23787」は16bit/48kHzまでですから、スペックでは価格差以上に前者が有利でしょうか。

    あと、後者はPCM2902Eの使用が明記されていて、本体にFan Music FM-6011という記載があります。
    前者はHA INFO U2という記載があり、サイトを見ると、TENORのTE7022Lが使われているようで、チップだけでいえばLUXMANのDA-200のUSB部分と同じということになります。(あくまでもチップのみ)
    ただ、このTE7022L、88.2kHzに対応してないらしいので、そこがちょっと残念かな。

    面白そうな機種ではありますが、USB-DDC機能を持ったものだけでもすでに3つも保有してるので、私はもう手を出すことはないでしょう。
    ただ、価格的にはちょっとお試しでPCオーディオに手を出してみるには良い選択肢かもしれません。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2012/10/11 12:00 pm | DNSB-23788 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.