• 119月

    B&Wから800 D3シリーズのスピーカーが一堂に海外発表されています。
    ここではいちばん現実的に手の届きそうな(それでも十分高価ですが)「805 D3」をメインに紹介してみようかと。

    今回の最大の変更点はミッドレンジユニット(805 D3では実質ウーファーですが)にコンティニュアム・コーンが採用されたことでしょう。
    B&Wが一世を風靡し始めた1974年から40年間ずっと、ケブラーコーンが採用されていたものを、今回、ついに変更してきました。
    同社曰く「アルミのツイータをダイヤモンド製にした時と同じ」変化とのことで、かなりの自信作のようです。
    布にコーティングしたものだそうですが、表面が非常に滑らかになっているように見えます。

    ユニットとしては25mmツイータ、165mmウーファと、これまでの805 Diamondと同等で、重さもほぼ同じ12.6kgですが、お値段はおそらくだいぶ上がるんでしょうね。
    国内発売も正式にはまだ発表されていませんし、こればかりは正式発表を待つしかありません。

    ちなみに他のシリーズ機では803 D3がこれまで801や802で採用されていたタービンヘッドが採用されていますし、総アルミ製という新しさもあって、お金に余裕があるのであればスタンドも不要な803 D3が狙い目かな、とも思っています。
    これくらいのモデルに買い換えるくらいの夢を持ちたいな、というのもありますしね。

    関連エントリー:

    Filed under: Audio
    2015/09/11 12:00 pm | B&W 805 D3 はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.